忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

測定


SEO-MANAGEというSEO効果測定ツールが出たようです。なんと!、順位チェックツール、Googleiosなりティクス、Googleウェブマスターツールの3つを連携、連動させ、どのパソコンでログインしても利用できる無料でシンプルかつ導入が簡単なSEOツールだそうです。とても便利なようですが、最近うちが疑いを持っているGoogleウェブマスターツールが入っているのがうちにとってはちょっとネックなところです(笑)。無料お試し版だと、機能は有料プランと変わらないようですが、登録キーワード数歳代20個、登録サイト数1サイトという条件のようです。有料版だと、半年間の契約のようです。半年のうち、最初の一か月分はトライアルとして利用可能とのこと。なので、30,000円のプランの場合、初月は無料なので25,000円で100キーワード、5サイトのプランとなるようです。半年間は解約、返金はできないとの記述がありました。

トップページURLのみに被リンク集中ではサイト全体の検索経由アクセス数は年々減る。リンクジュース
サイトリニューアルやページ更新で逆に順位ダウン。理由原因。逆SEO
URLは車、コンテンツがエンジン,HTMLソースはターボ,被リンクが燃料
なぜエンパワーメントが必要か?何でもセルフ志向な経営者は滅びる
キーワード単位でコンテンツ用意が一番確実。対策キーワード毎に準備
Google検索エンジン経由アクセスアップのポイントは「記事数」では無く「文字数」。集客数増やす
検索順位を上げるには?コンテンツSEO,HTML要素SEO,被リンクSEO
SEO集客の「好循環」を生み出す「コンテンツ・被リンク・バランス」
コンテンツSEOのみ不安定。+被リンクSEOで安定。集客ボラティリティ
「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズム下で発生する順位現象
被リンクのペナルティーはある。外部リンクを貼る前以上にSEOスコア落ちる事も。SEO対策スパム
内部SEO対策はURL,サイト,ドメインの3段階。難関キーワードはサイトやドメインの内部対策必要
内部対策の要、コンテンツSEOとは。コンテンツ版、三本の矢「キーワード最適化,充実度,独自性」
重複コンテント(Content)セーフ、重複コンテンツContentsはアウト
コンテンツ内容で被リンク対策するキーワード決まる。キーワード選定
月間検索数多いヘッドは被リンクにコストかかる。検索数の少ないロングテールは記事作成にコストかかる
PR