忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

効率アップ


ここ数年でアフィリエイトや、SEO効果がアップするというような様々なソフトウエアやツールが多く出てきました。やはり自分の運営するサイトやブログが検索結果の上位に表示されて、それにより売り上げも上がればうれしいものです。一度でもその味をしめてしまうと、ずっと続いてほしい、続けたいと思ってしまいます。人間ですからそのように思うのは仕方がありませんし、自然なことだと思います。ただしそれに付け込んでくる業者や企業には注意しなくてはなりません。うまいことを言ってくる業者や企業には特に注意が必要です。アフィリエイトやSEOは簡単なものではありませんし、簡単に攻略できるものでもありません。それを簡単に、「短期間で毛k作結果の上位に表示できます」、「ランキングをすぐに上げることが出来ます」など、サイト運営者にとっては魅力的に聞こえる美辞麗句を並べてきます。悪徳業者ほど言葉巧みですので、あまりにもうまいことを言ってくる業者や企業には注意が必要です。

オーソリティSEO。ディレクトリ,ペイレベル・サブドメイン権威対策

催眠退行とは?ヒプノ情報サイト
退行 催眠

SEO集客URLのオリジナル部分は集客に最適化、共通部分は営業に最適化
SEO集客増加のポイント「被リンクの伴うコンテンツを増やす」「常にコンテンツと被リンクはセット」
Google当局が行う2つの調節。被リンク緩和・被リンク引締め、コンテンツ緩和・コンテンツ引締め
2000年代からSEOサービスを提供,実戦経験と実績が「豊富」なSEOプロフェッショナル
サイト内のURL群、営業と集客の分離。営業部隊とSEO集客部隊に編制
Google外部SEO対策の要、3要素「被リンクエイジ,衛星サイトエイジ,リンクポピュラリティ」
地盤沈降が進むリアル店舗。地盤隆起のWeb店舗。中資本企業もSEO参戦
安定1位表示の3要素「コンテンツの質、被リンクの質、被リンクの量」
「企業体力が有る」内に構造改革を進めるのが経営家。企業が健康体であって、初めて構造改革は成功する
上位表示維持の足枷になる被リンク、足枷にならない被リンク。弱いバックリンク,強いバックリンク
FOMC年内緩和縮小。米が引締めに転ずれば円安進行。株高は国内マネタリーベース拡大に合わせて進行
2012年後半のSEO対策。傾向と対策。情報量・コンテンツ不足のURL、上位表示被リンクコスト増
SEO成功するキーワード割当方法2つ。ページに沿うキーワード割当てる。キーワードに沿うページ作る
キーワードAで最適化されたコンテンツを複合キーワードABでGoogle安定上位表示は可能?不可能
PR

SEO


まだ「SEO対策」とうたっているSEO業者がありますね、いますね・・・。SEOとは、SeachEngineOptimization(サーチエンジンオプティマイゼーション)。サーチエンジン最適化、検索エンジン最適化と言われています。SEOのことを分かっていれば、「SEO対策」とは言いませんし、謳わないはずです。SEO対策という言葉はおかしいということに気付いてほしいです。・・・しかし「SEO対策」とサイトに記述しているSEO業者の多い事・・・。一般の人がSEO対策と言っているし、SEO対策というキーワードで検索しているから、それに引っ掛かるようにあえて「SEO対策」と記述して自分のサイトに集客をしているというのであれば別ですが、集客した後に、その訪問者に対して、「SEO対策」という言葉は間違いだということに気づかせてあげたり、教えてあげるということをしていただきたいと思うのです。正しい知識、情報を発信していただきたいのです^^。

東京池袋のカウンセリング屋HP、ヒプノセラピー
池袋 カウンセリング

短期的なアルゴリズムに最適化させても上位表示は一時的・一過性で終わる。中長期アルゴリズムに最適化
コンバージョン目的URLとSEO目的URLに分けて、サイト内のSEO目的URLに被リンク対策施す
サイトリニューアルで検索経由のアクセス数激減、原因は?HTML構造SEO
SEO効果高いアンカーテキストは時代で変る。要約型・質問型被リンク
検索アルゴリズムとは?コンピュータ・アルゴリズムと人アルゴリズム
被リンクとは。被リンク7個=負荷7。被リンク50=負荷50。負荷調整・負荷管理が被リンク対策の要
経営の玄人「経営家」。インカムゲイン目的の企業所有の玄人「投資家」。「経営家+投資家=資本家」
Google検索の被リンク対策で「ドメイン分散」は必須。「IPアドレス分散」は必須では無い
2013年後半のSEO対策。Google再度、「被リンク寄り」に
対策キーワードはマスマーケットとニッチに選り分ける事が大事。マスマーケットSEOとニッチSEO
「被リンクは殆ど効かなくなった」は半分本当で半分嘘。SEO成功する情報強者と失敗する情報弱者違い
昔は「ゼロ評価+プラス評価」、今のGoogleは「マイナス評価」も導入
検索順位を上げるコツ。そのページ(URL)の「コンテンツ」に適したアンカーテキストで被リンク供給
新式のニュー衛星サイトと旧式のオールド衛星サイト。どちらが安全か
集客目的URLと営業目的URLの違い。「SEO集客優先・営業劣後」か逆か

測定


SEO-MANAGEというSEO効果測定ツールが出たようです。なんと!、順位チェックツール、Googleiosなりティクス、Googleウェブマスターツールの3つを連携、連動させ、どのパソコンでログインしても利用できる無料でシンプルかつ導入が簡単なSEOツールだそうです。とても便利なようですが、最近うちが疑いを持っているGoogleウェブマスターツールが入っているのがうちにとってはちょっとネックなところです(笑)。無料お試し版だと、機能は有料プランと変わらないようですが、登録キーワード数歳代20個、登録サイト数1サイトという条件のようです。有料版だと、半年間の契約のようです。半年のうち、最初の一か月分はトライアルとして利用可能とのこと。なので、30,000円のプランの場合、初月は無料なので25,000円で100キーワード、5サイトのプランとなるようです。半年間は解約、返金はできないとの記述がありました。

トップページURLのみに被リンク集中ではサイト全体の検索経由アクセス数は年々減る。リンクジュース
サイトリニューアルやページ更新で逆に順位ダウン。理由原因。逆SEO
URLは車、コンテンツがエンジン,HTMLソースはターボ,被リンクが燃料
なぜエンパワーメントが必要か?何でもセルフ志向な経営者は滅びる
キーワード単位でコンテンツ用意が一番確実。対策キーワード毎に準備
Google検索エンジン経由アクセスアップのポイントは「記事数」では無く「文字数」。集客数増やす
検索順位を上げるには?コンテンツSEO,HTML要素SEO,被リンクSEO
SEO集客の「好循環」を生み出す「コンテンツ・被リンク・バランス」
コンテンツSEOのみ不安定。+被リンクSEOで安定。集客ボラティリティ
「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズム下で発生する順位現象
被リンクのペナルティーはある。外部リンクを貼る前以上にSEOスコア落ちる事も。SEO対策スパム
内部SEO対策はURL,サイト,ドメインの3段階。難関キーワードはサイトやドメインの内部対策必要
内部対策の要、コンテンツSEOとは。コンテンツ版、三本の矢「キーワード最適化,充実度,独自性」
重複コンテント(Content)セーフ、重複コンテンツContentsはアウト
コンテンツ内容で被リンク対策するキーワード決まる。キーワード選定
月間検索数多いヘッドは被リンクにコストかかる。検索数の少ないロングテールは記事作成にコストかかる